【記者のひとこと】仕事に誇りを持つ

コラム

2022/06/15 10:00

 「自分の仕事に誇りを持て」という言葉を耳にすることもありますが、実践はなかなか難しいように感じます。根拠のない誇りはただの「驕り」になってしまいそうですし、謙遜を重ねてもただの自嘲になりかねません。

 自分の手掛けていることがどれだけ意味のあることなのか。それを判断するのはやはり自分ではなく、顧客なのだと思います。顧客にどれだけの価値を提供し、どれだけ喜ばせることができたか。それが自信(=誇り)となっていくのではないでしょうか。

 Magic Momentの村尾祐弥CEOは顧客エンゲージメントに基軸を置いた営業支援SaaSを通じて、営業職のエンパワーメントに取り組んでいます。営業は提案を通じて顧客の成長に貢献でき、社会全体を変える可能性も秘めている。しかし、それに気づいている営業職はそれほど多くはないかもしれません。「営業は自らの手で何もかもを変えていける」。そう熱く語る姿が印象的でした。

 記者は営業職ほどビジネスに直接寄与できる部分は多くない仕事です。ただ、読者や取材先の皆様に心から喜んでいただける取材・記事を手掛けていくべきなのは間違いありません。もっともっと自分の仕事に誇りを持てるようにしたい。取材を通じて、あらためて感じています。(藤岡 堯)

【記事はこちら】
Magic Moment 代表取締役CEO 村尾祐弥 営業は何もかもを変えられる

オススメの記事