【記者のひとこと】SaaS拡大でBI業界に異変あり

コラム

2021/12/02 10:00

 SaaS方式でグループウェアやチャット、ビデオ会議、営業支援、経費精算などを使うことも珍しくなくなりました。特にコロナ禍期間中のリモートワークでSaaS化が加速した印象です。大企業では70種類を超えるSaaSアプリを使い分けているといわれています。

 しかし、異なるベンダーのSaaSを多く使えば使うほどデータが分散してしまいます。こうした現象は、業務アプリで発生したデータを分析して経営に生かすビジネス・インテリジェンス(BI)業界に少なくない影響を与えているそうです。

 2010年に創業したBI業界の中で比較的新興の米ドーモは、分散傾向にあるSaaSアプリのデータを網羅的に分析できることが評価されて近年急成長。老舗のBIベンダーが多数存在するなか、市場の変化をいち早く察知して、成長のチャンスをつかんだケースです。(安藤章司)

【記事はこちら】
BI開発ベンダーのドーモ 販路開拓で需要増に対応 SaaSデータを統合分析する用途が増大

オススメの記事