【記者のひとこと】コロナ禍の「功罪」

コラム

2021/11/18 10:00

 国内のコロナ感染が下火となり、音楽ライブやイベントが再開されるようになりました。コロナ以前の日常が少しずつ戻りつつあります。疫病が流行っていい点など一つもないのですが、IT業界に限ってみればコロナ禍の「功罪」と呼べる事象が起きているのも事実です。

 旅行や観光、飲食の業種ユーザーが大ダメージを受けたのが「罪」だとすれば、人々の行動変容に対応するため「ユーザー企業が一斉にデジタル化投資を加速させたのが『功』の部分だ」と、EY JapanでITビジネスを担当する松永達也・チーフ・イノベーション・オフィサーは話しています。

 EY Japanは弾みがついた日本のデジタル化需要を取り込むべく、国内で初めてのソフトウェア開発専門の拠点「EYデジタルハブ福岡」を開設。向こう3年で500人規模の開発センターに拡大させていく方針です。(安藤章司)

【記事はこちら】
EY Japanと福岡情報ビジネスセンター 福岡に価値創出型の開発拠点を開設 先進技術中心に500人体制へ

オススメの記事