【記者のひとこと】情報発信に一工夫

コラム

2021/11/16 10:00

 企業にとって、情報発信は非常に重要です。自社のホームページで新しい製品やサービスについて発表したり、新聞やテレビ、駅などに広告を出したりと手法はさまざまで、各企業が工夫を凝らしています。

 情報発信は、より多くの人に注目してもらうことが大きな目的となります。そのため、知名度やイメージの向上を図る場合、有名人をイメージキャラクターとして起用することがあります。

 一方、自社のオリジナルキャラを設定する例があり、業務ソフトウェアの業界でも新しいキャラクターが登場しています。キャラの名前は「サブスクマスク」で、ピー・シー・エー(PCA)に所属しています。本人いわく「私は、全てが謎のプロレスラーという設定です」とのこと。

 サブスクマスクは、これまで社内のイベントで登壇していましたが、今後はPCAのサブスク関連の情報発信について、中心的な役割を担うそうです。既に社外のイベントにも参加しており、これから目にする機会が多くなるかもしれません。(齋藤秀平)

【記事はこちら】
PCA ストックビジネス拡大で新たな試み 社員を公認レスラーに仕立て、情報発信に一役

オススメの記事