【記者のひとこと】時代を先取りしすぎる企業

コラム

2021/11/10 10:00

 いきなりですが、私、老舗ゲームメーカーのセガが好きなんです。熱心なファンの皆様にはとても及びませんが、一番遊んだゲーム機はセガサターンですし、ゲームギアという携帯ゲーム機も持っていました。次世代ゲーム機競争に敗れ、家庭用ゲーム機の生産から手を引いたときは、大変落胆した記憶があります。

 セガが生み出したゲームやゲーム機は「時代を先取りしすぎる」といわれることがあります。先ほど触れたゲームギアはカラー画面を搭載した携帯ゲーム機の先駆けですし、ネットワーク対戦機能を導入したゲームにも早い段階から取り組んでいました。現代では当たり前のものですが、当時は画期的だった記憶があります。しかし、早すぎるがゆえに市場で受け入れられず、消えていったものもありましたが……。

 先般、セガはマイクロソフトとの提携を発表しました。Microsoft Azureを活用したタイトル開発の推進、マイクロソフトのソリューションによる次世代開発環境の構築などに取り組むそうです。

 提携を通じて、未来を先取りするゲームが生みだしてほしいです。ただ、早すぎて時代の方が追い付かなかった、なんてことがありませんように。(藤岡堯)

【記事はこちら】
セガとマイクロソフト、次世代タイトル創出と開発環境構築で戦略的提携を検討

オススメの記事