【記者のひとこと】話題の中心はSASE

コラム

2021/09/10 10:00

 セキュリティ市場では、SASE(Secure Access Service Edge)が話題の中心となっています。SASEはSD-WANなどのネットワーク機能と、FWaaS(クラウドファイアウォール)などのセキュリティ機能を包括的にクラウドプラットフォームで提供するというネットワークセキュリティの新しい概念です。

 昨今では境界型防御の限界が指摘され、「何も信頼しない」を前提としたゼロトラストが重要とされています。その中で、SASEはゼロトラストの実現に向けた有力なアプローチ手法として多くの企業が注目しています。

 当然、ネットワークセキュリティベンダーはSASEへの対応を強化しており、昨年からSASEを謳うソリューションを市場に投入しています。ただ、ネットワーク機能とセキュリティ機能の両方が求められるSASEの提供方法には、ベンダーにより大きな違いがあります。

 弊紙創刊40周年特集では、ネットワークセキュリティベンダーに取材し、SASEを中心にネットワークセキュリティ市場の最新動向をまとめています。(岩田晃久)

【記事はこちら】
週刊BCN 創刊40周年記念特集 進化するセキュリティ市場 前編 ネットワークセキュリティはゼロトラストへ 各ベンダーはSASEの提供に注力

オススメの記事