• ホーム
  • トレンド
  • 【記者のひとこと】すべてが“ノンテレコム”になっていく

【記者のひとこと】すべてが“ノンテレコム”になっていく

コラム

2021/09/09 10:00

 2024年1月、NTT東西地域会社の電話交換機の運用が終了します。少し大袈裟な言い方をすれば、明治維新から綿々と受け継がれてきた「電信電話」の役割が終わり、インターネットへ完全移行すると解釈できます。

 NTTグループ向けのソフトウェア開発を手がけるNTTコムウェアの事業セグメントは、大きく電信電話分野の「テレコム事業」と、それ以外の「ノンテレコム事業」に分かれています。

 ですが、電話交換機の運用終了に伴い、将来的に「テレコムとノンテレコムという概念がなくなっていく」(同社の黒岩真人社長)と、昔ながらのテレコム分野が事実上なくなる可能性を示唆。ノンテレコム分野のビジネス拡大に一層力を入れていく方針です。(安藤章司)

【記事はこちら】
ソフト開発力でNTTグループ戦略の一翼を担う NTTコムウェア 代表取締役社長 黒岩真人

オススメの記事