【記者のひとこと】日本ユニシスが社名変更

コラム

2021/05/14 10:00

 日本ユニシスは、2022年4月に社名を「BIPROGY(ビプロジー)」に変更すると発表しました。「知らない言葉だな」と思いながら、同社の発表内容に目を通すと、光が屈折・反射した時に見える「7色(Blue、Indigo、Purple、Red、Orange、Green、Yellow)」の頭文字を使った造語ということでした。

 社名変更の理由は、長期経営計画「Vision2030」と「経営方針(2021-2023)」の中で、Purpose(存在意義)として掲げた「先見性・洞察力×テクノロジー×ビジネスエコシステム=社会的価値創出企業」の実現に向けたものだそうです。

 老舗SIerとして高い認知度を誇る同社が、造語を社名にすることにとても驚いたのと同時に、Purposeの実現に向けた強い意志を感じました。BIPROGYとしてどういった戦略を進めていくのか、市場ではどういった反応があるのかなど、来年の4月から注目したいと思います。(岩田晃久)

【記事はこちら】
日本ユニシス、2022年4月に社名を「BIPROGY」へ変更

オススメの記事