【記者のひとこと】「DX」と「デザイン思考」

コラム

2021/02/16 10:00

 「もうバズワードのようになっているけど」。ITベンダーを取材すると、特定のキーワードについてこう言われることがあります。

 そのうちの一つが「デジタルトランスフォーメーション」(DX)です。2004年に提唱され、ここ数年で一気に社会へ浸透。現在は、毎日のように見聞きするようになっています。

 バズワードになっているとの指摘もあるDXですが、ITベンダーにとってはビジネス拡大の切り口として重要視されており、すでに多くの取り組みが生まれています。

 DXと、それを実現するために必要な考え方としてしばしば登場する「デザイン思考」について、大手ITベンダーの解釈や実例を取材し、特集としてまとめました。(齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
大手ベンダーに尋ねる いまさら聞けない「DX」「デザイン思考」
【IT企業トップが語る 2021 年頭所感】変化する時代、新需要への対応を急ぐ
デジタル庁の創設で日本のデジタル化は進むか
ニューノーマルで変わる働き方 DXへの第一歩としてのデジタル化

オススメの記事