【記者のひとこと】イスラエルが持つ人材の力

コラム

2021/02/05 10:00

 ここ最近、イスラエル発のスタートアップの名前をよく目にするようになりました。AIやRPA、電気自動車ドローンセキュリティなど、ソフトやハードに関わらず幅広い分野で活躍しているようですが、個人的にはIoTを中心とした可視化ソリューションを開発している企業が多い印象です。

 聞くところによると、これだけ多くの優秀なスタートアップがイスラエルから立ち上がっているのは充実した人材育成制度が整っているからだそうです。領土が狭く、乾燥した気候で資源も多くないイスラエルでは、人材こそが国が発展するための資源として重要視しているのだとか。

 また、イスラエルはユダヤ人の国でもあります。世界的に決して人口は多くない一方、さまざまな国際的な賞を受賞している比率が高いユダヤ人。世界最速ペースで新型コロナウイルスのワクチン接種を進める国の一つであることも含めて、イスラエル発の企業には注目しておいた方がいいかもしれません。(銭君毅)

【関連記事はこちら】
ネットワンパートナーズ、監視カメラ映像分析ソフト「BriefCam」を提供
アイティフォー コンタクトセンターの在宅勤務を支援 来年度はSaaS方式で販売ターゲットは小口需要も
オプテージとインフィニダット クラウド版ストレージを国内初投入 販売代理店100社獲得、年商100億円を目指す

オススメの記事