【記者のひとこと】オフィスのダウンサイジング

コラム

2021/01/21 10:00

 長引くコロナ禍で、都心の一等地にあるオフィスのダウンサイジング(規模縮小)が始まっています。SIerでありながらネットワーク構築にも強い都築電気は、いち早くリモートワークのIT基盤を整備。東京・港区の本社オフィスで、フロア面積の3割削減を決めています。

 NTTデータは、北米オフィス拠点の削減を推進。国土が広く、IT先進国でもある米国は、リモートワークの環境が整いやすいことが背景に挙げられます。都市部の割高なオフィス賃料を削減できるだけでなく、業務の完全デジタル化といったIT環境の近代化による生産性の向上も見込めます。

 一方で、複合機やプリンタメーカーのビジネスへの影響を警戒する声も聞かれます。エプソン販売の鈴村文徳社長は、「オフィスのダウンサイジングや分散ワークに適した商品やサービスを訴求していく」とし、市場環境の変化に先手を打つことでビジネスを伸ばす構えです。(安藤章司)

【記事はこちら】
テレワーク+オフィスワーク ハイブリッドワーク時代の従業員管理
働く気持ちを高めるニューノーマル時代のオフィス
「中小企業 デジタル化 応援隊事業」が始動 デジタル化の波は広がるのか
新春特集 大手ITベンダー各社に聞く、2021年法人向けIT市場展望
【2021年 年頭所感】 内田洋行 情報の価値化と知の協創をデザインする
場業務で活躍するプリンタを究める 沖データ 代表取締役社長 森 孝廣

オススメの記事