【記者のひとこと】顔が一切憶えられない人

コラム

2020/12/25 10:00

 人の顔が覚えれません。永年の悩みです。パターン認識能力が決定的に欠けているというのが一応の自己診断。ド近眼なので、そもそも顔がよく見えていない、ということもあります。どこかでお会いしたような初対面のような……と、名刺交換で微妙な感じになってしまうのはこのせいです。

 ネット会議が一気に増え、かすかな記憶のとっかかりになる名刺交換すら激減。実際にお会いしてもマスクのままでは、もう金輪際、覚えられる気がしません。とうの昔に人生の折り返し点を通り過ぎ、それでも改善しないとなれば、もう死ぬまで「顔が一切覚えられない人」として生きていくしかないでしょう。覚悟はできています。

 ところが、マスクをしたまましっかりと顔認証ができる最新の技術があるとか。スマートグラスと組み合わせれば、お会いした人の名前と面談履歴をこっそり瞬時に表示させることもできそうです。悩みがパッと解決する日は、そう遠くないかもしれません。(道越一郎)

【記事はこちら】
マスク着用でも顔認証なソフトウェア開発キット、グローリー
パナソニック 顔認証クラウドサービスのパートナープログラムを開始 25年度にパートナー250社目指す
日立製作所 「手ぶらで買い物」実現へ 安全性の高い生体認証技術を開発
マスク着用時の顔認証に対応した認証セキュリティ最新版、両備システムズから
オフィス勤務の再開を支援する “職場復帰”ソリューション
ニューノーマルで変わる働き方 DXへの第一歩としてのデジタル化


 

オススメの記事