• ホーム
  • トレンド
  • 【記者のひとこと】日本はコロナ禍からいち早く抜け出せる

【記者のひとこと】日本はコロナ禍からいち早く抜け出せる

コラム

2020/12/07 10:00

 ファクターXが何なのか、いまだに分かっていません。世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症。北半球が真冬を迎えた12月時点で、累計の犠牲者が最も多い国はアメリカです。27万人も亡くなりました。

 人口100万人当たりで最も多いのは、932.2人のイタリアです。第3波が訪れ増加している日本ですが、累計2100人、100万人当たりで16.7人。理由は依然として不明ですが、主要先進国では極少の部類です。

 ウシオ電機と東芝ライテックが、ウイルスを不活化する照明を開発しました。照射する紫外線の波長を絞り、人がいても安全に使用できます。普及すれば、感染拡大防止の一助になるでしょう。治療法は洗練されつつあり、ワクチンの完成も目前。徐々にテクノロジーが、ウイルスに打ち勝とうとしています。先頭を走るのは日本、なのかもしれません。(BCN・道越一郎)

【関連記事はこちら】
ウイルスを不活化する照明システム、ウシオ電機と東芝ライテックが共同開発
人とAIのハイブリット接客サイネージで非接触非対面を実現、凸版印刷が提供
新型コロナ対策と観光振興の両立を目指す実証実験、長門市と日立システムズが実施
北菱電興グループ ホテル向け経費削減策を打ち出す 年間400万円削減、三密回避にも効果期待
SBクリエイティブ、新型コロナ感染予防を目的とした「密回避サイネージ」
ウィズ/アフターコロナに向けたDXサービスの社内実証実験、都築電気が実施
 

オススメの記事