【記者のひとこと】「顔パス」で買い物ができる?

コラム

2020/11/19 10:00

 指静脈や顔、虹彩などの生体情報を安全に使えるようになれば、手ぶらで買い物をしたり、電車に乗ったり、映画館で映画を観たりすることが可能になります。

 日立製作所は、生体情報を復元できない独自の暗号技術を開発しました。暗号化した生体情報を復号しても、「元の生体情報には戻らず、意味のないデータの羅列になる」とのこと。近い将来、「顔パス」で買い物ができるようになるかも知れません。

 生体情報は生涯不変であるため、一度漏れてしまうとパスワードのように変更ができず、利用には慎重にならざるを得ませんでした。今回の日立製作所の技術によって、買い物など日常生活での生体情報の活用の道が開けそうです。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
日立製作所 「手ぶらで買い物」実現へ 安全性の高い生体認証技術を開発
NTTデータ 今年度末までにゼロトラスト移行 固有の開発環境や運用面の課題が浮き彫りに
NEC Web会議でクリアな声を伝えられるワイヤレスイヤホンマイク “耳認証”による個人識別も可能
マスク着用時の顔認証に対応した認証セキュリティ最新版、両備システムズから
日本テクノ・ラボ 映像監視で新規顧客を開拓 変化に素早く適応して需要を掴む
SIerのポストコロナ 働き方はどう変わるのか リモートワークの経験が変革の起爆剤に
 

オススメの記事