【記者のひとこと】“1丁目1番地”の課題

コラム

2020/11/17 10:00

 ピー・シー・エー(PCA)が、HR領域の強化を目的に、ストレスチェックソリューションなどを手掛けるドリームホップの株式を100%取得し、同社を連結子会社化しました。

 PCAがHR領域を重要視する背景には、組織の働き方が変わってきたことがあります。同社の玉井史郎・取締役営業本部長は、「新しいスタイルの働き方が望まれる中、HR領域は1丁目1番地といえる重要な課題」になっていると説明しています。

 ドリームホップをグループに迎え入れたことについて、玉井取締役は他社との競争の面で「非常に大きなアドバンテージになる」と強調。今後も、HR領域に力を注ぐ方針を示しています。(齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
PCA HR領域の強化を目指しドリームホップを子会社に 製品ラインアップの拡充は継続方針
ピー・シー・エー ストックビジネスをさらに強化「PCAサブスク」を新たな柱に
PCA サブスクリプション型ビジネスへの移行が加速 オンプレミス製品の“サービス化”開始
基幹系アプリケーションベンダー5社が提言 デジタル時代にふさわしい 社会システムの再構築を 協議会を立ち上げ電子インボイスの標準化を主導
 

オススメの記事