【記者のひとこと】「底なし」の業績悪化は回避か

コラム

2020/11/12 10:00

 大手ベンダーの上期(20年4~9月期)決算は、NEC富士通、ならびに日立製作所のIT事業セグメントがともに前年同期比で減収減益。NTTデータは横ばいでした。コロナ禍の混乱も第2四半期には落ち着き始めているといい、今のところ「底なし」で業績が悪化することはなさそうです。

 ユーザー企業に目を向けると、旅行や飲食関係など落ち込みの激しい業種がある一方、デジタルを駆使して変化に適応する新しいIT投資の動きも出始めています。全体で見れば今年度から来年度に向けて、「何とか踏みとどまれる」との期待が伺い知れます。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
富士通の上期決算 営業利益12.4%減 影響は「想定通り」、通期見通しは据え置き
NEC上期決算 マイナス影響は「期初見通しより大きい」が通期業績予想は変更なし 2Qの受注は回復傾向
日立製作所の上期業績 営業利益の6割をITで稼ぐ Lumadaは鉄道や建機の悪影響を受ける
KDDI 2020年上期の純利益は7.3%増 ビジネスセグメントが拡大
 

オススメの記事