【記者のひとこと】「AI OCR」のマルチエンジン化が進む

コラム

2020/10/29 10:00

 デジタル化が進んだとはいえ、手書きの申請書は意外に多く残っています。以前は人間の手で業務システムに入力していたのですが、近年は深層学習AIの技術革新によって機械で読み取ることが多くなりました。

 手書き文字の読み取り精度は、AIエンジンの性能によって大きく左右されます。そこで、キヤノンマーケティングジャパングループはAI OCR製品の最新版で、複数の開発元のAIエンジンを最大6種類を選択できる“マルチエンジン”機能を実装しました。

 一つの汎用的なエンジンを使うより、金額や活字、チェックボックス、氏名、住所などに最適化された複数のエンジンを使い分けることで精度を一段と高めたとのこと。単気筒エンジンより2気筒、4気筒と増やした方が、パワフルで安定した動力を得られるのと似ているのかもしれません。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
キヤノンMJとキヤノンITS 手書き文字認識の精度を向上 複数エンジンに対応、専門辞書を組み合わせ
<イッポまえだのよろしくスタートアップ セカンドシーズン>(43)Cogent Labs 最先端AIで知識労働者の生産性を向上
TIS、みずほ銀行400支店の決算書管理をペーパーレス化するワークフロー構築
NTTデータ、RPAとAI-OCRでスマート自治体実現、8月からトライアル提供
アライズイノベーション 社長 清水 真 氏の行きつけの店
マジックソフトウェア・ジャパン DXを加速するこれからのシステム開発と運用 ローコード開発とデータ連携ツールで実現

オススメの記事