【記者のひとこと】在宅勤務で使う端末は?

コラム

2020/10/28 10:00

 キヤノンマーケティングジャパンは、セキュリティ対策ソフト「ESET セキュリティ ソフトウェア シリーズ」個人向け製品の新バージョン(V14)の提供を11月5日に開始します。最新版は、新型コロナ禍で増加したオンラインサービスの利用や在宅勤務を想定した機能強化を行っているとのことです。

 「在宅勤務では会社支給のPCを利用するのでは?」と思いがちですが、必ずしもそうとはいい切れないもよう。同社が9月に実施したアンケート調査では、自宅でのテレワーク時に使用する端末として「会社支給のPC」を挙げたのが57.1%、「私物のPC」が55.7%と、ほぼ同数だったそうです。私物のPCを利用する人が意外に多い気がします。ちなみに、「私物のスマートフォン」が36.8%、「会社支給のスマートフォン」が36.1%で、スマートフォンは私物の利用が会社支給を上回っています。

 プライベートの利用はもちろんですが、私物のPCを業務に利用するのであればなおのこと、セキュリティ対策をしっかり考えておく必要があります。ESETの今回の最新版では、在宅勤務時にも利用される自宅ネットワークの保護機能などを強化しています。(前田幸慧)

【関連記事はこちら】
キヤノンMJ、セキュリティ対策ソフト「ESET」個人向け製品の最新版を提供、在宅勤務やネット利用向けに機能強化
デル・テクノロジーズ インテル最新CPUを搭載し製品ラインアップを大幅刷新 上半期は大幅出荷増を達成
理経 自宅に置くだけで社内につながる リモートアクセスソリューション テレワーク環境整備に引き続き需要あり
DDSの二要素認証ソリューション「EVE FA スタンドアロン」、PSCがテレワーク用端末に導入

オススメの記事