【記者のひとこと】「イベントテック」の会社といえば?

コラム

2020/10/21 10:00

 名刺管理サービス「Sansan」「Eight」を提供するSansanが、イベントテック事業を開始すると発表しました。イベントテックとは、フィンテックなどの「○○テック」のように、文字通り「イベント」と「テクノロジー」を組み合わせた言葉で、イベント運営に関わる業務をテクノロジーで支援するものを指します。

 Sansanの橋本宗之取締役CFOによると、海外ではコロナ禍以前からイベントテック市場が盛り上がっていた一方、日本では対面での交流を大切にする独特の文化や、デジタルトランスフォーメーションの遅れなどによって、海外製品の参入が難しく、イベントテックが広がってこなかったといいます。Sansanでは、自社でオフラインイベントを開催する中で、イベントテックの必要性を感じてきたそうです。

 そうした背景のもと、昨年からイベントテックへの投資を強化し、満を持してイベントテック事業の本格スタートに踏み切りました。イベントの開催前から開催後までをトータルで支援するソリューション群を用意しています。

 同社では今後、イベントテック事業を二つの名刺管理サービスに並ぶ「第3の柱」として成長させていく方針を示しています。Sansanといえば「名刺管理」のイメージが強いですが、今後は「イベントテック」の会社としても認知が広がっていきそうです。(前田幸慧)

【関連記事はこちら】
Sansan イベントテック事業を本格展開 名刺管理サービスに並ぶ「第3の柱」に
<イッポまえだのよろしくスタートアップ セカンドシーズン>(28)EventHub オンラインでイベント開催
名刺管理「Sansan」が電子契約「クラウドサイン」と連携 契約情報の業務負荷削減・活用を促進

オススメの記事