テレワークからオフィスでの勤務へと段階的に切り替える企業が増えてきたのでしょうか、10月に入り、都心に人の姿がまた少し戻ってきたように感じます。オフィス勤務で必須となるのが、感染対策の徹底による「安全」の確保。週刊BCNでは、安全な職場復帰を支援するために大手ITベンダーが手がけているソリューションにどのようなものがあるか、取材しました。

 取材を通じて感じたのが、各社とも、ただ安全の確保に務めようとしているだけではなく、企業と従業員との「エンゲージメント」を高めることが重要と考えていること。ここでのエンゲージメントとは、従業員が企業のビジョンに強く共感した上で、その企業で働くことに喜びを感じ、主体的に生き生きと仕事をしている状態と言い換えられるでしょうか。

 感染対策をきちんとしているだけでなく、従業員がテレワーク中に心身を病んでいないか、チームワークにきしみが生じていないかなど、ケアすべき要素は多岐にわたります。ケアが不十分な場合、従業員はこの先会社を信頼して働くことができなくなります。企業は「安心安全」を唱えるだけではなく、働く人一人ひとりに向き合う必要がますます高まりそうです。(日高 彰)

【関連記事はこちら】
【特集】オフィス勤務の再開を支援する“職場復帰”ソリューション