マネーフォワードグループのMF KESSAIと福岡銀行が、2者間ファクタリングサービス「MF KESSAI アーリーペイメント」の実証実験を実施しています。

 実証実験は、金融機関の従来の融資サービスで対応が難しかった中小企業の資金調達ニーズに、MF KESSAI アーリーペイメントが合致するかを検証することが目的で、全国展開も見据えています。

 MF KESSAI アーリーペイメントは、年商1億円弱から数億円規模の企業が利用するケースが多いとされており、今回の実証実験でも、そうした企業を主なターゲットにしています。

 実証実験では、ターゲットとする企業に加え、より大きな規模の企業からの問い合わせも増えているそうです。コロナ禍で先行きに不透明感が漂う中、今後のために資金調達の選択肢を増やしたいとの考えがあるようです。(齋藤秀平)

【記事はこちら】
MF KESSAI ファクタリングサービスで地銀とタッグ
クラウド会計のキャズムを超えろ! 業務アプリ版“10億円あげちゃうキャンペーン”――マネーフォワード
マネーフォワードが描く新しいISVのかたち クラウド会計が急成長 市場がついに動くか
マネーフォワードの勝算 日本の“セールスフォース”になれるか