【記者のひとこと】コロナ便乗の攻撃に警戒を

コラム

2020/08/26 10:00

 新型コロナウイルスの感染に警戒が必要な中ですが、それに加えてコロナに便乗したサイバー攻撃にも警戒が必要となっています。ソニックウォールがこのほど公開した「2020年上半期 SonicWallサイバー脅威レポート」によると、新型コロナウイルス関連のフィッシングが3月から増加し始めたそうです。

 また、マカフィーが7月に発表した「COVID-19 脅威レポート」でも、メール本文や件名に「COVID-19」や「Coronavirus」の言葉を含めたり、検査機関などを装ったりしたメール攻撃が増加していると明らかにしています。

 両社の調査はグローバルなものですが、日本においても新型コロナに便乗した攻撃は確認されていて、1月の時点で情報処理推進機構(IPA)が注意喚起を行っています。現在も引き続き新型コロナに警戒し情報を収集したい状況ですが、メールの添付ファイルやURLを開く際、信頼できる送信元かどうかなど、なるべく注意を払うようにしましょう。(前田幸慧)

【関連記事はこちら】
世界のマルウェア攻撃は32億件に減少、ソニックウォールの20年上半期サイバー脅威レポート
ALSIなど3社、ウェブフィルタリング・ファイルの無害化連携製品を提供
多要素認証製品のCisco Duo Securityを提供、ネットワンパートナーズが開始
最新のインターネットセキュリティレポート、ウォッチガードが発表


 

オススメの記事