【記者のひとこと】危機感はあるものの

コラム

2020/08/25 10:00

 UiPathの長谷川康一社長CEOは7月29日の説明会で、人工知能(AI)の活用について、グローバルで経営者の意識を調べた調査の結果を示しました。

 それによると、経営者の4人に3人は、組織全体にAIを展開しないと、2025年までに廃業するリスクがあると考えているそうです。

 長谷川社長は、経営者の間に危機感があるものの、まだ思うように業務への活用が進んでいないと紹介。日本でも、同じように各企業が導入に四苦八苦していると説明しました。

 同社はこの日、新製品として、業務自動化のためのAIデル運用管理プラットフォーム「UiPath AI Fabric」を発表しました。現場主導のAI活用型RPAを実現し、企業のAI活用を加速させることを狙っています。(齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
UiPath AIモデルの運用管理プラットフォームをリリース RPAと組み合わせ業務自動化を現場主導で
UiPath 今年はクラウドにフォーカス 中堅中小も含めて全国で導入拡大へ
UiPath RPA導入範囲を拡大する支援製品 導入計画と効果測定のツールを発売
現場を「見える化」、企業の自動化を実現する「UiPath Explorer Expert」


 

オススメの記事