【記者のひとこと】まだ間に合う今期本決算のリモート化

コラム

2020/08/20 10:00

 決算プラットフォームベンダーのブラックライン日本法人の古濱淑子社長は、「今年度本決算(2021年3月期)までにリモートワークに完全対応した決算業務に切り替えることが可能」だとして、ERPベンダーやSIerなど10社1団体と「リモート決算推進共同宣言」を行いました。

 決算業務は、紙や判子のアナログ業務が残っているなど、完全デジタル化が遅れていると指摘されています。それでも、古濱社長が「今年度本決算までにまだ間に合う」と自信たっぷりに話すのは、実は今回の共同宣言にも参加したセゾン情報システムズが19年9月から「BlackLine」を自社導入した工程とほぼ同じという“裏付け”があるから。

 セゾン情報システムズは、20年1月に勘定照合やタスク管理といった主要業務の実装を終え、20年3月期の本決算では、「完全リモートで決算業務を行う体制を整えた」(同社の花香勝・執行役員リンケージビジネスユニット長)とのこと。コロナ禍が長引くことが懸念される中、今期からの決算業務のリモート化に関心を示すユーザー企業は少なくなさそうです。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
ブラックライン、SAP、IBMなどが「リモート決算推進共同宣言」 完全リモート決算比率30%を目標に
セゾン情報システムズ 会計業務を3割削減へ BlackLineと連携、4月から外販開始
ブラックライン 販路拡大に勢いつけるERPや監査法人のチャネルを増強
セゾン情報システムズ、データ活用ビジネスに本格参入、取得から統合、整備の一連の工程を実現
この危機を乗り越え 日本のDXを加速させる SAPジャパン代表取締役社長 鈴木洋史
危機に直面する今だからこそ「変革の原点」を追求する アビームコンサルティング代表取締役社長 鴨居達哉

 

オススメの記事