【記者のひとこと】猛暑を乗り切るために

コラム

2020/08/18 10:00

 全国的に気温が35度を超える猛暑日が続いています。ときには40度を超える危険な暑さとなる地域も出ています。

 気温の上昇に加え、今年は新型コロナウイルス対策でマスクの着用が必要になっており、例年以上に厳しい暑さを感じています。

 暑さ対策はこれまで、各個人の感覚に頼る部分が多くなっていましたが、最近ではITを活用する動きが出ています。

 NTTテクノクロスと東レ、ゴールドウインが提供開始を発表した「暑さ対策用サービス」はその一例。心拍数と衣服内の温湿度を計測できるセンサーと専用ウェアを組み合わせ、体調不良の予兆を検知する仕組みになっています。(齋藤秀平)

【記事はこちら】
NTTテクノクロスと東レとゴールドウイン、「暑さ対策用サービス」を提供

【関連記事はこちら】
デジタルで猛暑対策、IoTを活用して快適な街づくり計画に生かす
<編集部のイチオシツール>『クールウェア』
<編集部のイチオシツール>『モノルルド ウェアラブル クール&ホット』



 

オススメの記事