1日当たりの新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向になっています。日曜日まで4連休でしたが、外出を控えたという方も多かったのではないでしょうか。

 なかなか感染の収束が見通せない中、感染防止対策となるテレワークを切り口にしたビジネスは拡大しているようです。

 独チームビューワーのリモート接続ソリューションもそのひとつで、国内のビジネスは昨年を大きく上回る勢いで推移しているそうです。

 同社は、地方や業種別の導入拡大を目指す方針で、今秋までにパートナープログラムを立ち上げることを計画しています。(齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
チームビューワー パートナープログラムを立ち上げへ 地方や業種別の導入拡大を目指す
Dropbox Japan 代表取締役社長 五十嵐光喜
サイボウズと大阪府が事業連携協定、「kintone」活用のシステム構築で
PC市場に“テレワーク特需”第1四半期は好発進! 成長は続くのか