コロナ後のデジタル・ニューノーマルの実現に向け、「技術、費用、規制、文化、体験の五つの壁が立ちはだかっている」と、業務のデジタル化に詳しい野村総合研究所の城田真琴・上席研究員は指摘しています。

 このうち技術と費用の壁は、工夫次第で解決できます。規制の壁をクリアできれば、オンライン診療などの普及に弾みがつきます。文化の壁は、「会議や営業は対面でないと……」と、従前の慣習を重視する年配者を説得すれば何とかなりそうです。

 最後に残る「体験」とは、職場の上司や気の合う同僚との雑談、触れ合いを想定しており、これがチームの一体感や成長へのモチベーションになることが少なくないといいます。デジタル技術を駆使して、この「体験」をどう実現するのかがポイントだと城田上席研究員は話しています。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
グーグル・クラウド・ジャパン “ニューノーマル”への対応をグーグルの技術で支援 アビーム、日立、SCSKが新たなパートナーに
主要ITベンダーのコロナ対策 宣言解除後の方針を打ち出す  業務の全面的なデジタル化を定着させる
NTT東日本とクラスメソッド 地域通信×クラウドの新会社設立 テレワーク推進事業で年商160億円目指す
リコージャパン、ニューノーマル環境下の業務効率化や生産性向上ソリューション
新型コロナで変わる生活様式 リモートワークの課題が浮き彫りに IT活用と組織運営の戦略見直しが急務
大手SIerの20年度業績見通し 第2四半期に“谷”が出現か コロナ禍が夏に収束すれば下期には回復も