ここのところ、東京都での新型コロナウイルス新規感染者数が連日2桁に上っています。改めて、マスクの着用や「3密」回避など、基本的な対策を徹底する必要があると感じています。

 緊急事態宣言解除後、出社制限を緩和する企業が増えています。全員出社とはせずに、出社人数や割合を制限するところもありますが、例えば狭い会議室に何人も集まって会議すると、それはそれで「密」を招き、感染リスクを高めることにつながります。オフィス内で人の密集を防ぐことも重要です。

 キヤノンマーケティングジャパンは6月22日、「オフィス密集アラートソリューション」の提供を発表。入室人数をカウントして密集状態を通知してくれるもので、オフィスの「密」を防ぐことに役立てられそうです。(前田幸慧)

【関連記事はこちら】
キヤノンMJ、オフィス内で「密です」を警告するソリューション
NTTデータとunerry、人流ビッグデータ活用で資本業務提携
ServiceNow Japan 企業のアフターコロナ対応と従業員の職場復帰を支援 ニューノーマル移行支援アプリをリリース
NEC、カメラ画像からソーシャルディスタンスをリアルタイム判定