新型コロナ禍で、多くの企業が在宅勤務の導入をはじめとした新たなワークスタイルに“取り組まざるを得ない”状況に追い込まれました。まずは、目の前の事業をなんとか継続させる。その段階を超えた企業は今、「COVID-19によってもたらされた変化を受け入れなければいけない」と考え、新たなビジネスの開拓に動き始めていると、グーグル・クラウド・ジャパンの平手智行代表は話します。

 その新たな事業形態として頻繁に聞かれるようになったキーワードが、「非対面化」です。B2Bの営業活動はもちろん、医療や教育などのサービスも、対面からオンラインへの移行が急速に進むと考えられます。また、小売りなどの流通業でも、無人販売・無人搬送などの技術や仕組みにますますの関心が寄せられるでしょう。

 事業形態ではもう一つ、ITインフラの運用についても“ニュー・ノーマル”が求められそうです。グーグル・クラウドの平手代表は、「自粛環境下において(ITインフラの)回復力・持続力と、高度なAI・機械学習の活用は切っても切れない」とも述べ、インフラ担当者がデータセンターに張り付かなくても回る運用体制が必須になると指摘。コロナ禍後に向けて、IT業界自らが新たな事業形態を実践できるかが問われます。(日高 彰)

【関連記事はこちら】
グーグル・クラウド・ジャパン “ニューノーマル”への対応をグーグルの技術で支援