【記者のひとこと】災害への備えも忘れずに

コラム

2020/04/28 10:00

 新聞やテレビは連日、新型コロナウイルス関係のニュースを流しています。家族や友人らと電話などで連絡を取る時も、ウイルスのことは必ず話題に上がります。

 世界的にウイルスの感染が広がる中、国内の企業にも影響が及んでいます。東京商工リサーチが上場企業を対象に実施した調査(4月22日時点)によると、業績の下方修正では、当初予想から売上高が2兆1799億円、最終利益が1兆7432億円消失したそうです。

 経済への影響を予想する際、よく挙げられるのが2011年3月の東日本大震災です。取材先のIT企業からも、震災後の状況と比べる声をよく聞きます。

 日本では近年、丸4年を迎えた熊本地震など、大規模な災害が相次いでいます。有事の際に企業活動を継続させるためには、普段からしっかりと備えておくことが重要です。(齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
最新技術で命を守る 防災・減災IT最前線
新型コロナ IT企業の事業継続 テレワーク先進4社の取り組み
コロナ・ショック 変化の振れ幅を逆手に IT投資の優先順位が激変
災害時のIT支援で協定、サイボウズと調布市
 

オススメの記事