【記者のひとこと】中国市場の底力

コラム

2020/04/21 10:00

 新型コロナウイルスを巡り、米中が対立しています。貿易戦争はいったん休戦となっていますが、ウイルスが新たな火種になりそうな雰囲気です。

 米国と中国というと、IT業界では5Gの覇権争いが注目されています。とくに米国は、中国のファーウェイに制裁を科し、影響は両国以外にも広がっています。

 そのファーウェイが3月31日、2019年の業績を発表しました。米国から制裁を受ける中でも、過去最高の売上高と純利益を記録しました。

 業績を支えたのは、地元・中国でのビジネスです。売り上げに占める割合は6割近くに上昇し、約14億人を抱える巨大市場の底力を世界に見せつけました。(齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
ファーウェイ 19年は売上高、純利益ともに過去最高
ファーウェイ、LTEモバイルネットワークインフラ市場のリーダーに、ガートナーレポート
米商務省、ファーウェイへの猶予措置を90日間延長
ファーウェイ任CEO、「米国の影響は2、3年」、GMS不採用で100億ドル前後の売上減

 

オススメの記事