【記者のひとこと】在宅勤務でギガは減る? 増える?

コラム

2020/03/09 10:00

 ウイルス感染拡大防止のため、大手企業を中心に「出社禁止」の通達が飛び交っています。モバイルPCやクラウドサービスが普及したことで、在宅でも業務を継続できる人は増えていると考えられますが、当然のことながら、クラウドを活用するにはインターネット接続が必要。自宅に固定回線が引かれていないために、スマートフォンのテザリング機能を使って仕事をしているというケースもあるようです。

 ネット上の投稿を検索すると、「テレワークのせいでギガ(データ通信容量)が足りなくなるんじゃないか」という書き込みが見つかる一方で、「テレワークになったからギガが余りまくっている」と発言している人もちらほら。在宅勤務でスマートフォンが一日中自宅の固定回線につながっているので、モバイル通信を使う機会が減ったということのようです。

 従業員のIT環境はさまざまなので、一律に何かを支給してもテレワーク環境が完成しません。最近は、多くのITベンダーがテレワーク支援を強化していますが、従業員の家庭側の環境整備に役立つサービスも出てくることを期待したいです。
(日高 彰)

【関連記事はこちら】
DIS、「Meraki マネージドサービス」を販売店向けに1年間無料提供
感染症対策のテレワーク支援でクラウド型ネットワークサービスの「Wrap」を無償提供、ユニアデックス

オススメの記事