【記者のひとこと】真のテクノロジーの民主化とは

コラム

2020/02/28 10:00

 ここ最近、IT業界で「民主化」という言葉をよく聞くようになりました。先端的なテクノロジーや製品を多くのユーザーに届けることを指しています。ただ、「言うは易く行うは難し」。高度なテクノロジーを扱うには、特別なスキルが求められることも多く、ただコストを下げるだけでは本当の民主化とはいえません。

 IoT向けの通信プラットフォームを提供しているソラコムでは、設立当時から「IoTの民主化」を掲げ、IoT向けデータ通信サービスや管理機能などをグローバルに低価格で提供してきました。しかし、IoTでは複数のテクノロジーを扱わなければいけないことから、今では簡単に使えるデータ可視化アプリや、センサーデバイスなども提供するようになっています。

 ユーザーのスキル、展開する場所、そしてコストの障壁を徹底的に壊していく姿勢は、まさに民主化だといえそうです。
(銭君毅)

【関連記事はこちら】
全ての“挑戦者”に 繋ぐ力を
<イッポまえだの よろしくスタートアップ セカンドシーズン>(11)MatrixFlow 「民主化」目指す、AI構築プラットフォーム
ブロックチェーン×コンタクトセンターで何が起きる? ソニー元社長らが追求する「データの民主化」――ジャスミーとトランスコスモス
異常検知のオールインワンAIソリューション “地に足の着いたAI”で市場の裾野を広げる――システムインテグレータ

オススメの記事