【記者のひとこと】「AIOps」「NoOps」は実現できるか

コラム

2020/01/30 10:00

 システム運用は、昼夜問わず人が介在しなければならず、負担が大きい職種だといわれています。

 日立製作所のシステム運用管理「JP1」では、AIを活用した「AIOps(エーアイオプス)」によって運用の省人化を進めると共に、将来的に運用の完全自動化を目指す「NoOps(ノーオプス)」へと発展させたいとしています。国内では就労人口が減少しており、時代の要請でもあります。

 課題は、AIに学習させるための障害データをどう集めるかという点。社会インフラを支えるような大型システム、大企業の基幹業務システムのクラスになると、幸いにもそうそう大規模な障害が発生するものではありません。障害が起こらないこと自体は良いことなのですが、一方で学習用のデータがなかなか集まらない「矛盾」も同時に抱えてしまいます。

 個社ごとにデータを集める方法では限界があり、会社組織の枠を超えた業界横断的なデータ収集の枠組みによって、大規模かつ効率的に学習用データを集める仕組みが必要との見方も出ているようです。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
日立IT事業の急先鋒 世界トップグループ入りの推進役に  日立ヴァンタラ 取締役会長兼CEO 德永俊昭
【2020年 年頭所感】 日立システムズ 現場力を磨く 北野昌宏社長
NSW、統合運用監視サービスにAI自動化メニューを拡充
日本システムウエア DX関連ビジネスを3倍へ ワークショップや協業を通じて成果出す
ニュータニックス・ジャパン×ダイワボウ情報システム、データ保護の新ソリューション提供へ
NRIセキュアテクノロジーズ システムの企画、設計から参画 人手に依存しないセキュリティ対策
 

オススメの記事