NTTは、量子力学でいうところの「重ね合わせ」の理論を応用した「量子コンピュータ」「量子暗号技術」「すべて光による通信」の三つを主要な研究テーマに位置づけているそうです。

 「重ね合わせ」の応用によって、今の電気信号と光のハイブリッドから純粋な光のみによる超高速通信の実現の可能性が高まるとのこと。NTT持ち株の澤田純社長は、「今のコンピュータは0と1しかないが、それが量子理論の応用で、いろいろなことができるようになる」と期待しています。

 理論は少し飛躍してしまいますが、例えば「都市化と地方創生」「経済発展と環境負荷」「多様性と単一性」など、相反する事象を重ね合わせるようにして解決につなげる手法は、「量子力学的な発想」とも指摘。

 「0と1」のように単純化できない難しい経営的な課題、社会的な課題も、量子力学的な発想の転換によって、突破口を見つけられるかもしれません。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
IBMの全ては 顧客の目的実現のためにある 日本IBM 代表取締役社長執行役員 山口明夫
東大とIBM、量子コンピュータの実用化に向けパートナーシップ
量子コンピューターの活用方法をサービス化、ザイナスが59万円から提供
量子コンピュータか否かは愚問 アニーリングマシンは国産勢がおもしろい!
非通信分野で世界市場に挑む NTTコミュニケーションズ 代表取締役社長 庄司哲也
量子暗号を用いた生体認証データの伝送を実現、スポーツ選手用電子カルテに応用