昨日、マイクロソフトが提供するWindows 7の延長サポートが終了しました。2020年のIT業界のトピックとして、かなり前から記事で触れてきましたが、とうとうこの時が…。個人的には自分用に初めて購入したPCがWindows 7だったこともあり、なお感慨深く感じます。ツイッター上では、Windows 7との別れを惜しむ声が多数聞かれました。一方で、「Windowsをまだ使っている」という声もちらほら。

 IT業界では昨年、Windows 7のEOS特需で業績を伸ばした企業も多かったのですが、気になるのはその反動。いくつかのIT企業に聞いてみたところ、前回のWindows XPのときと比べるとそれほど大きな反動減はないのでは、とみる向きが多かった印象。特需ではなくなるものの需要はある程度残るとして、継続して支援していく方針のようです。(前田幸慧)

【関連記事はこちら】
北斗七星 2020年01月06日付 vol.1807
<年末総決算 特集>令和元年を駆け抜けた 特需のIT業界 後悔などあろうはずがない1年になったか?
<主要SIerの上期決算>良好な受注環境が続く 国内外のM&A、DXで先行投資も活発化
1800号記念総力特集“レガシー”の逆襲なるか? コモディティビジネスの向こう側 4業界のポスト2020