データセンター(DC)事業者であるエクイニクス日本法人の社長を10年あまり務めた古田敬さんが年内で退任されます。旧ビットアイルを傘下に収め、DCの設置箇所を全国12カ所に増やすなど、積極的な事業展開を推進。国内での存在感を高めてきました。

 これまでを振り返り、最も苦労した点は、日本のユーザーやビジネスパートナーに「仲間意識を持ってもらうこと」。近年、DC単体でのスペックや技術的な差異化が一段と難しくなる中、「一緒にビジネスをする仲間だという“身内感覚”の醸成に力を入れた」と話しています。

 今後は、「日本企業のグローバル展開を支援するような仕事をしたい」と、抱負を語っています。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
巨額化するデータセンター投資 エクイニクスやNTTコムの投資合戦が過熱
日本をDCハブの拠点にする エクイニクス・ジャパン 代表取締役 古田 敬
非通信分野で世界市場に挑む NTTコミュニケーションズ 代表取締役社長 庄司哲也
データセンター事業各社 首都圏での設備投資が活発化 5GやIoT需要を見越し先行投資
日本電子計算の大規模システム障害、一部データの自力復旧が難しい事態に、揺らぐSIerクラウドの信頼
日本マイクロソフトら3社、国内初、勘定系システムのパブリッククラウド化