ベランダのプランターで、毎年プチ家庭菜園をしています。毎年育てるものは変わりますが、これまでミニトマト、キュウリ、ナスなどを育ててきました。葉は元気に生い茂るのですが、なかなか実がつかず……。野菜を育てるのは難しいですね。

 プロの農家さんの悩みは、美味しそうに育った野菜を収穫することなんだそうです。コメやジャガイモは収穫時期が決まっているので、トラクターで一気に収穫できますが、トマトやキュウリ、ナス、アスパラガスなどは成長速度が異なり、収穫時期もバラバラ。そのため一つずつチェックしながら収穫するそうです。

 ロボットというと、大量の仕事を一気に片付けるために開発したり、導入されたりしてきました。ですが意外にも現場では「少しだけど毎日ある仕事」を楽にしてくれるロボットも必要だったようです。これに気が付き開発したのは鎌倉のベンチャー企業inahoです。着眼点のユニークさはベンチャー企業ならでは、ですね。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
鎌倉の農業ベンチャーinaho、野菜収穫ロボットで農業自動化に挑戦する
八幡平スマートファーム、IoTを活用したバジルの養液栽培ハウスを新設
NTT東日本、衛星データ活用を推進、まずは農業・漁業の分野から着手
トプコン、タイ農業省とスマート農業分野で合意、コメなどの実証実験を開始
DJI JAPAN、精密農業・土地管理用ドローン「P4 MULTISPECTRAL」
マイナビ主催の農業イベント「NEXT AGRI PROJECT」、ICT活用事例も紹介