富士通と理化学研究所が共同で開発するスーパーコンピュータ「富岳」の試作機が、スーパーコンピュータの省電力性能ランキングで1位を獲得しました。

 富岳は先日運用を停止した「京」の後継機。京といえば、その開発事業が民主党政権による「事業仕分け」の対象となったことでも有名で、民主党(当時)の蓮舫議員による「2位じゃダメなんですか?」という質問が大きな話題となりました。一時は予算を削減されることもあった中、こうして後継機が開発され、なおかつグローバルランキングで1位に輝く結果を残したというのは何とも印象的です。

 一方、当時の事業仕分けで問題とされたのは「処理速度1位にこだわっていたこと」が原因だったそう。ユーザー視点に立ったとき、必ずしも処理速度だけが使いやすさを構成する要素ではないはずで、ある意味処理速度ランキング1位が目的化してしまっていたと言えるでしょう。今回、富岳のプロトタイプが省電力性能で評価されたのは、この仕分けが開発方針に影響を与えたからかもしれません。

 今後さまざまな分野での活用が見込まれる富岳ですが、どんな成果を残してくれるのか楽しみですね。(銭君毅)

【関連記事はこちら】
「富岳」への期待が膨らむ! プロトタイプがGreen500で世界1位を獲得
富士通、「富岳」の技術を活用したスパコン「PRIMEHPC」シリーズ2機種
NECのスパコン「SX-Aurora TSUBASA」、核融合科学研究所で来年6月から稼働
富士通など5社、ゴルフ場で5G実証実験、経営改善と地方創生を目指す