先月、沖縄の離島・宮古島に行ってきました。滅多に行けない場所に行くと、特産品やら名産品やら、あれこれ買ってしまいます。宮古島は地下海水を使って生成する雪塩が有名です。普通の雪塩から、おにぎり用の塩、焼き肉用の塩などいろんなタイプの塩を買ってしまいました。

 買い物をしながら気が付いたのは、離島ではキャッシュレス化がまだまだ遠い、ということ。クレジットカードが使えないお店も多く、支払いは現金のみ。老舗のホテルや民宿なども現金払いが多く、スマホ決済を選択できるお店はさらに少ないです。離島に滞在するとなると、お財布にたくさん現金を入れて持ち歩かなくてはいけませんね。

 さて、全国的に見てキャッシュレス決済はどのぐらい利用されているのでしょうか。先日、役職別のキャッシュレス決済の利用調査レポートが発表されました。ビジネスパーソンがどのような決済方法を利用しているか、確認してみてください。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
加速するキャッシュレス決済、部長や課長がよく使う決済方法とは?
ビジネスマンにキャッシュレス決済は浸透しているか?
群馬県富岡市の経済活性化を目指す、Origami、富岡市、しののめ信用金庫が協定
アイティフォー、奄美信用組合が「iRITSpay」を導入
加速するキャッシュレス化、NECなどが金融向けソリューション会社を設立
MJS、事業主と税理士・公認会計士のキャッシュレス推進に関する実態調査