DX優良企業により多くの投資や人材が集まるよう国が選定する「DX格付」(仮称)の制度が、早ければ来年度中にも始まります。

 国の格付けを巡っては、ITを活用した経営革新の「攻めのIT経営銘柄」、女性活躍推進の「なでしこ銘柄」、働き方改革と関連した「健康経営銘柄」などがありますが、既存の格付けと整合性を保ちながら設計する予定。

 攻めのIT経営銘柄の中にDX推進を加えるのか、新しく「DX推進銘柄」のようなカテゴリーを新設するのかの詳細は今後詰めるとのこと。上場会社以外のスタートアップ企業などを対象にするかどうかも検討中だそうです。

 DX格付の選定によって、ヒト・モノ・カネがDX優良企業に集まり、経済産業省が中心となって取り組むDX推進の政策をより実効性のあるものにするのが狙いのようです。(安藤章司)


【関連記事はこちら】
経済産業省、「DX格付」をスタート、国内外の投資や人材の呼び込みを狙う
<国のIT政策を読む 現実と理想の壁>[第1回]経産省のDXレポート チェックリストで具体化を推進
<国のIT政策を読む 現実と理想の壁>[第2回]「総論賛成」のDXレポート 各論ではSIerとの見解のズレも
ロボットは究極の自動化 ソフトとハードの融合で強み生かす YE DIGITAL 代表取締役社長 遠藤直人
<BCN CONFERENCE 2019 夏>2025年がタイムリミット「DXレポート」に見るデジタル変革――名古屋大学
富士通、営業利益率10%必達へ、DX支援の新会社を設立