消費税で初めてとなる複数税率が始まりました。税率8%と10%の混在に対応可能なPOSレジや販売管理システムの導入によって、大きな混乱もなくスタート。この「複数税率特需」が一段落したのちは、この複数税率の税額を請求書に明記するインボイス制度に対応しなければなりません。

 2023年10月のインボイス制度の本格スタートまでに、請求書の帳票や関連するシステムの手直し需要が断続的に発生する見込みです。すでにERPパッケージを使っている企業は、通常の制度対応バージョンアップで済む見通しですが、問題はオフコンの流れを汲むような手組みのシステムがまだ動いているケース。

 ERP販売に強いSIerは、インボイス制度をきっかけに古い手組みのシステム、あるいはバージョンアップで対応できない古いパッケージを一掃。新しいERPへの買い替えを提案していくことで、「インボイス特需」をつかんでいくとしています。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
弥生グループのMisoca、「軽減税率」「区分記載請求書等保存方式」で対応機能を追加
ソリマチ、最新会計ソフト「会計王20」「みんなの青色申告20」などを一斉発売
EDI移行は時間との勝負 ピーク時は年率7~8%の伸びが見込める
クラウド会計のキャズムを超えろ! 業務アプリ版“10億円あげちゃうキャンペーン”――マネーフォワード
<編集部のイチオシツール>『Kyash Visa カード(Kyashリアルカード)』
MJS、事業主と税理士・公認会計士のキャッシュレス推進に関する実態調査