10月1日は中国の建国記念日に当たる国慶節になります。今年は70周年ということで、すでに各地は盛大なお祝いムードに包まれています。

 国慶節は、旧正月の春節と並ぶ大型連休になるため、国内や海外を旅行する人が多いようです。大手旅行会社の調べでは、期間中の旅行者数は約8億人に上り、海外では日本の人気が高いそうです。

 中国七大古都の一つで、旅行先として人気の浙江省杭州市は、アリババグループの本拠地になっています。9月25日~27日には、当地でアリババの年次イベントがあり、新しい人工知能(AI)チップが発表されました。

 イベントで登壇したアリババの最高幹部は「ビッグデータは石油であり、コンピューティングパワーはエンジンだ」と説明。コンピューティングパワーを支えるAIチップを生かし、さらなる飛躍を目指す考えを強調しました。(上海支局 齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
アリババ、新しいAIチップでビッグデータに対応、杭州で「雲栖大会」
日本のクラウド化はまだ20%程度 市場の将来性を見込み二つめのデータセンターを開設――アリババクラウド
急成長のアリババクラウド、今後は製造業向けにも注力
「ニューリテール」で日本市場を攻略 小売業のデジタル化が国内事業拡大の切り札――アリババクラウド