少し前、「フリーミアム」がバズワードとしてはやりました。ご存じの方も多いかと思いますが、無料のサービスを多くのユーザーに提供しつつ、少数の有料ユーザーでそのコストを賄うビジネスモデルのことです。

 フリーミアムが浸透している業界の一つが、ソーシャルゲームアプリ市場でしょう。買い切りゲームの比率はどんどん低下し、基本無料が当たり前の世界になっています。無料でコンテンツを楽しめることは歓迎すべきことですが、あまりにも無料のサービスが流通してしまったせいか、無料であることにユーザーが慣れてきてしまっています。いかに有料ユーザーを確保するかがフリーミアムモデルの一番の課題ですが、ユーザーに広がる「お金を払わない文化」がそれを一層難しくさせているようです。

 ERPパッケージを提供しているクレオも新たにフリーミアムモデルのビジネスを開始しようとしています。支払い能力がないユーザーも多いゲーム市場と比べて費用対効果が重視される市場なので、有料ユーザーを確保するハードルは低そうです。しかし、ポイントはいかに質の高い有料版を提供できるか。同社の挑戦に注目です。(銭君毅)

【関連記事はこちら】
クレオのクラウド型経営分析ツール、データ可視化から対策立案までを自動化
クレオ、「提案型データ分析ツール」のトライアル版公開でテスト運用