TISインテックグループでアウトソーシング事業を担うアグレックスは、コインランドリーとIoTを組み合わせた実証実験に取り組んでいます。コインランドリーの運用自動化やサービス向上を目指したものとのこと。

 具体的には、ユーザーが手元のスマートフォンで洗濯機の空き具合を調べて予約したり、洗い終わったときに通知が届くようにしたりするといったサービス向上や、機材の故障の有無などをリモートで監視するなどの運用を想定しています。

 アウトソーシングといえば、人手のかかる作業を請け負う労働集約的なイメージがありましたが、今回のコインランドリーの運用のように、IoTや自動化技術を駆使して、無人化・機械化するアウトソーシングの商談が活性化しているそうです。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
業務プロセス改革に新基軸 デジタル技術を複合的に応用したBPOを実践――アグレックス
NTT東日本のAI-OCR・RPAが自治体の働き方改革を支援
NSW、統合運用監視サービスにAI自動化メニューを拡充
NTTテクノクロス、IT運用の操作自動化ソリューション「ACTCenter SA」
<国のIT政策を読む 現実と理想の壁>[第2回]「総論賛成」のDXレポート 各論ではSIerとの見解のズレも
TDCソフト、「価値創造型」のSI比率を3%から20%へ、顧客のビジネス創造を支援