夏も終わりを迎え、甲子園のニュースが一段落する頃になると、高校時代の部活動を思い出します。大人になった今になって考えると、決められた競技ルールの中で何か一つに熱中し、他人と競い合うという体験はなかなかないことのように思います。

 先日、東芝ITサービスが社内で行っている「CSコンテスト」という大会を取材させていただきました。日ごろの業務で培った技術を競い合うもので、選手の皆さんの顔は真剣そのもの。甲子園に負けないくらい白熱した大会でした。

 こういった純粋な真剣勝負を見ていると「自分でも何かを練習して、大会に出られないか」とそわそわします。(銭君毅)

【関連記事はこちら】
東芝ITサービス、CSコンテストで腕を磨く、今年は遠隔支援ツールも展示
東芝ITサービス、スイッチ製品「FortiSwitch」の保守サービスを開始
【2019年 年頭所感】 東芝ITサービス 理そして心
社内競技大会で技術を継承 熱戦の様子を同社の顧客も観戦――東芝ITサービス