今年10月、いよいよ楽天のMNOサービスが始まります。これまで通信料の高さについてキャリア3社が指摘されていた一方で、同社は料金の安さを全面的に押し出してきました。具体的な料金プランはまだ明かされていませんが、「今の料金より安くなるのであれば利用したい」と、期待している方も多いかと思います。

 ただ、10月からのサービスはあくまでも「スモールローンチ」だと三木谷浩史社長は語っており、段階的に利用者を増やしていく方針を示しています。背景にはあるのは、汎用サーバーや仮想化基盤を活用した「完全仮想化ネットワーク」。全く新しいアーキテクチャーということで「問題ないと考えてはいるが念には念を入れる」(三木谷社長)と万全を期しているようです。(銭君毅)

【関連記事はこちら】
実現まで秒読みの完全仮想化ネットワーク 柔軟なアーキテクチャーで無線通信を価格破壊――楽天
楽天の基盤を支える新FPGA 200Gbpsの高速通信を汎用サーバーでも――インテル
MWCで見えた5G時代のITインフラ
MWC 2019で楽天・三木谷社長、完全仮想化基地局は「携帯業界のアポロ計画」