米中の間で揺れ動く日本――。これは政治の話ではなく、IT業界での話。米国と中国のイノベーションを採り入れたり、それらに対抗できるような技術やノウハウの習得に力を入れたり、目まぐるしく揺れ動いています。

 分かりやすいのがQRコードなどを使ったスマートフォン決済。日本発祥のQRコードが中国のスマホ決済で大活躍し、その決済サービスは再び海を越えて日本の観光地で必須のアイテムになっています。スマホ決済を巡っては米国でもイノベーションが起こっており、まさに米国から「黒船」、中国から「赤船」が来航している状態。

 経済産業省は国内で関連サービスが十分に育っていないことに焦りを感じて、昨年4月に「キャッシュレス・ビジョン」を公表。関連サービスの育成に力を入れる流れに呼応するかたちで国内でもスマホ決済サービスが相次いで立ち上がり、今後のより一層の盛り上がりが期待されています。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
福岡県宗像市、期間限定の地域通貨「常若通貨」を提供
モバイル業務向けのキャッシュレス決済システム 印鑑なしで口座振替登録が可能――キヤノンマーケティングジャパン
<編集部のイチオシツール>『Kyash Visa カード(Kyashリアルカード)』
SIとサービス商材を両翼と位置付け 相乗効果を最大限に高めていく 富士通九州システムズ代表取締役社長 石井雄一郎
ハードウェアでしか解決できない 領域はむしろ拡大している NECプラットフォームズ代表取締役執行役員社長 福田公彦
連携戦略で周辺ニーズを開拓 社内外の商材を金融システムに取り込む――アイティフォー