「5年前と比べると、中国がこんなに変わるとは想像できなかった」。先日、取材で会った日系IT企業の方が、中国のIT業界の動向についてこのような発言をしていました。

 中国のIT業界は、変化のスピードが非常に速いことで知られています。市場では新しい製品やサービスが次々に登場しており、中国に進出する各日系ITベンダーを取材すると、これらを日本で展開することを検討しているという話をよく聞きます。

 その中で、最近、動き出したのがNTTデータイントラマートです。同社は、中国のIT企業が日本に設立した戦略子会社との資本業務提携を発表しました。中国の技術を日本で展開し、日本の業務効率化を加速させることが柱です。(上海支局 齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
NTTデータイントラマート、中国のIT大手の戦略子会社と資本業務提携、日中“融合”で日本の業務効率化を加速へ
NTTデータイントラマート、ジェイエスピーと資本業務提携
中国の古代遺跡を支える、NTTデータイントラマートの「intra-mart」
NTTデータイントラマート、「intra-mart Award 2018」受賞企業を発表