先週の7月24日は「テレワーク・デイ」。多くの企業が社内一斉テレワークを実施しました。わが社でも遅ればせながら、働き方改革の取り組みとして、部分的にフリーアドレスやスタンディングデスクなどが導入されました。働く場所の選択肢が増えるのはうれしいですね。「自分にとって集中できる場所」を選ぶことができますから。

 早い段階でテレワークを導入してきたレノボ・ジャパン。テレワークの極意について「その日、その業務にとって生産性高く働ける場所、時間を選ぶこと」と話してくれました。「テレワーク・デイズ2019」の実施期間は、7月22日から9月6日まで。この期間に自分にとって働きやすい場所を探してみてはいかがでしょうか。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
レノボのテレワークは成功しているのか?
もぬけの殻、2000人が消えたレノボのオフィス、7月24日に全社一斉テレワーク実施
テレワーク新時代 “持続的な経営”の必須要素に
都内の有志企業23社 1300人が一斉テレワーク 五輪見据えTDMに貢献、シェアオフィス活用
首都圏23社で1300人が一斉にテレワーク実施、交通渋滞の解消など目指し
DIS、「テレワーク導入推進コンソーシアム」に加入